オリジナル生地ブランド「uwaru うわる」

オリジナル生地ブランド「uwaru うわる」

2023 A/W LOOK BOOK

Nature and Sense

深呼吸をする、肩の力を抜く、風の音に耳を傾ける。
植物に目を向ける、観察する、自由に鉛筆の線を走らす。
時には鉛筆で描いてみたり、時にはミシンで線を縫ってみたり、
自由な発想で何度もスケッチを重ねて形にしたuwaruの植物図案は
「自然」と「感性」が響き合う。

wednesday morning,3 a.m.

round about midnight

night and day

oude vaas

「uwaru」は
ユニークな植物たちをモチーフに取り入れた柄をメインに展開していく、
京都で生まれた小さなテキスタイルブランドです。
ブランド名である「uwaru」は「植わる」を意味します。
「植える」がその行為を表すのに対し、「植わる」は結果や状態を表します。
個性的な柄たちが、日々の生活(くらし)にしっかりと根をおろし、
愛されるようにとの想いで名付けました。

“uwaru” (woo-wa-ru) is a Kyoto based textile brand.
Our botanical drawings and artworks are all original and exclusive from
our tiny studio located very close to the Nijyo Castle for decades.
“uwaru” is the Japanese meaning of “to be planted”
which expresses the result or state of being planted.
We named this with the hope that the unique patterns
will be firmly rooted in your daily lives and beloved.

uwaru designer/creative director:
Tsuyoshi Matsuike

director: Junko Sasanuki

photographer: Chinatsu Oda

model: Takashi Tanabe / Aiko Ishikawa

– archive –