染工場さんへ

20171103




先日、あるものを撮影しに大本染工さんにお邪魔しました。
我々の描いている図案がテキスタイルになる場合、
ほとんどの柄は染工場さんで染められることになります。
プリント生地が出来上がるまでにはたくさんの工程がありますが、
意匠を凝らして図柄を描く図案家も、
その図案を繊細な色使いで捺染する染工場さんも、
その工程の中でもちろんなくてはならない存在です。
撮影をしながらスタッフの方に工場内を案内していただき、
普段なかなか目にできない現場を興味津々で眺める私たちでした。

ところで、その撮影したあるものとは
ガレージランドがずっとずっと温めていた新しい試みです。
この冬にはお伝え出来ればと思っています。